『語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ』

      2015/01/01

参考になった箇所

  • ネイティブも納得の英文を簡単に作る方法:コツは、勉強するのではなく調べて読むこと、訳すのではなく真似をすること(p.55)
  • 伸びる翻訳者が「語学力」より使っているもの:目的意識を明確にした経験によって得られる、「必要な情報を確実に手に入れる力」と「論理的思考力」–「問題解決能力」に支えられている(pp.68-69)
  • 拾い読みのススメ:専門書一冊を通し読みするよりも、同様の技術内容について書かれた資料から必要最低限の部分だけを拾って数をこなすほうが、よほど理解度が上がる(pp.79-80)
  • ワイルドカードを使った検索・置換のコツ:([0-9]{1,})を「すうじ」という読みで辞書登録する(p.120)
  • 見直しに要する時間・負荷・ミスの大幅削減:一括置換した部分に灰色の蛍光ペンでマークを付ける(「自動入力した部分」と「人間が入力した部分」の区別をするため)(p.145)
  • 高スピードを実現する私の手順:訳文を作るのに疲れたら「眺める」作業と置換作業を間に挟む(pp.158-159)
  • 翻訳ソフトで見直し:英和用の翻訳ソフトに自分の書いた英文を確認してもらう(文法的な誤りがあると、明らかに不自然な翻訳文が出力される)(p.177)
  • 英数字のチェック:数字は欧文を比較元にして和文を比較先にし、アルファベットは和文を比較元にして欧文を比較先にするとうまくいく(pp.178-179)

よく使うワイルドカードの指定例

選択範囲の1文字を指定する場合

指定したい文字 ワイルドカード
任意の半角数字 [0-9]
任意の半角英大文字 [A-Z]
任意の半角英小文字 [a-z]
任意の半角英字 [a-zA-Z]
任意の全角数字 [0-9]
任意の全角英大文字 [A-Z]
任意の全角英小文字 [a-z]
任意の全角英字 [a-zA-Z]
任意の英字 [a-zA-Za-zA-Z]
任意の全角カタカナ [ア-ヾ]
任意の半角カタカナ [ヲ-゜]
任意の全角ひらがな [あ-ヾ]
任意の全角ギリシャ文字(大文字) [Α-Ω]
任意の全角ギリシャ文字(小文字) [α-ω]

特殊文字をワイルドカード検索に入れる場合

ワイルドカード 通常の検索
^1 ^g 画像
^5 ^a コメント
^9 ^t タブ
^11 ^l 改行(ソフトリターン)
^12 ^k ページ区切り/セクション区切り
^13 ^p 改行(ハードリターン)
^13 ^n カラム
^14 ^w ホワイトスペース

 -Book

  関連記事

GNU Emacs

『Emacsテクニックバイブル ~作業効率をカイゼンする200の技~』

Emacsをカスタマイズするならこの本がおすすめです。読めばテキスト編集作業の効率が上がることは間違

no image

『特許翻訳の実務 〜英文明細書・特許法のキーポイント〜』

『特許翻訳の実務』というタイトル、著者に並ぶ時國さんのお名前、『特許の英語表現・文例集』『特許翻訳の

no image

『即効解決 SDL Trados Studio 2009』

ざっと読んでみました。Trados購入前の初心者であれば、この本で何となくTradosの雰囲気をつか

no image

『朝2時起きで、何でもできる!』

参考になった箇所 通訳・翻訳とは、”いかに正確に受け取り、いかに上手に渡すか”に尽きる(p.61)

no image

『大人のための「超手抜き」英語勉強法』

参考になった箇所 自分の興味の対象に徹底的に絞り込むことが、外国語の学習には不可欠(p.106) 一

no image

『実務翻訳を仕事にする』

副業で産業翻訳を始め、ゆくゆくは産業翻訳者として独立するための具体的なノウハウを紹介した本です。副業

no image
レバレッジ特許翻訳講座S1コース

結局、私は「レバレッジ特許翻訳講座S1コース」を1ヶ月半で離れました。理由は2つあります。 (1)当

FontSize
TradosやWord上で自分の訳文を見直すとき

TradosやWord上で自分の作成した翻訳文を見直すときは、翻訳中に設定していたフォントサイズより

DSC_2787
作業環境(2015/1/15現在)

ハードウェア 種別 名称 メモ PC 15インチMacBook Pro Retina(Late 20

SDL_Trados_Studio_2014.png
おすすめのTrados Plugin (1)

Tradosのメモリには言語の方向性(ソース言語→ターゲット言語)が定義されています。このため、日英

no image
本年はありがとうございました。

今年の6月から特許翻訳者になるための準備を開始し(まずは環境面から)、7月に入ってから講座や書籍やネ