特許翻訳者向けの文書型データベース

      2015/01/01

知子の情報

レバレッジ特許翻訳講座のビデオセミナー0027では、管理人さん一押しの文書型データベースとして「知子の情報」が紹介されています。
しかしこのソフト、Windows専用なのですね。Mac上に構築した仮想Windows環境内で動かす手もありますが、検索速度がネックになりそうですので私はまだ試していません。

Evernoteプレミアム

Evernote logo

私は文書型データベースとして主に「Evernoteプレミアム」を使っています。年額4000円(約333円/月)の有料サービスですが、十分に元はとれると思います。
ライトユーザであれば無料版でもよいかもしれませんが、プロの特許翻訳者が文書型データベースとしてEvernoteを使うのであれば、少なくとも2つの理由でプレミアム版が必要になります。

  1. 無料版では月間アップロード容量が60MBに制限される
  2. 無料版ではPDFおよびOfficeファイル内の検索ができない

プレミアム版にすれば、月間アップロード容量が1GBに拡大されるため、アップロードの上限をほぼ気にすることなく、業務に役立ちそうなウェブページやPDFファイルをEvernoteにどんどん突っ込むことができるようになります。ちなみに私の場合、8月の月間アップロード容量が2日の時点ですでに750MBを超えています。。。少し調子に乗りすぎたようです。ただ、アップロード容量が1GBに達したとしても、450円を支払えばその月のアップロード容量を2GBに増やす(1GB追加する)ことができますので心配はいりません。

また、プレミアム版では、PDFファイルやOfficeファイル内の文字列検索が可能になります。そもそもこの機能がまともに働かないと文書型データベースにはなり得ませんので、これだけでも無料版からプレミアム版に切り替える理由にはなります。Evetnote Web クリッパーと組み合わせるとその威力は絶大です。

なお、Evernoteのパートナーであるドコモのスマートフォンを購入するか、こちらからEvetnoteのユーザ登録とインストールをすると、所定の期間、プレミアム版を無料で使うことができます。

追記(朗報)

2014年9月末辺りに、月間アップロード容量が1GBから4GBに増量されたようです。ついでに、1ファイル100MBまでというアップロード制限も緩和してもらえるとさらに良かったのですが・・・。

 -Text, Training

  関連記事

Markdown環境整備(Emacs markdown-mode & Marked 2)

markdown-mode レバレッジ特許翻訳講座のノートをMarkdown記法でとることにしました

レバレッジ特許翻訳講座の進捗状況(7/15現在)

むむ、本ブログへのアクセス数がインパルス的に立ち上がっているっ!と思いきや、レバレッジ特許翻訳講座の

レバレッジ特許翻訳講座の受講開始から半月が経過しました

進め方・進捗など ご無沙汰しております。。 7/14に講座の受講を開始してから約半月が経過しましたの

印刷された文字列を手早くテキストデータ化する方法

イメージスキャナでスキャン? 紙に印刷された文字列をテキストデータにする場合、スキャナで取得した文字

no image

レバレッジ特許翻訳講座S1コース

結局、私は「レバレッジ特許翻訳講座S1コース」を1ヶ月半で離れました。理由は2つあります。 (1)当

no image

Markdown覚え書き

Markdown記法例 “0. “から始めれば、順序付きリストに(数字の振り

no image

レバレッジ特許翻訳講座の受講開始から約1ヶ月半が経過しました

3週間ほどブログの更新をサボっているうちに、レバレッジ特許翻訳講座の受講開始から約1ヶ月半が経過しま

MultiTerm 2014への用語一括登録演習とそれに用いた素材

レバレッジ特許翻訳講座の ビデオセミナー0072「法令対訳の取り方と活用法」 ビデオセミナー0259

no image
レバレッジ特許翻訳講座S1コース

結局、私は「レバレッジ特許翻訳講座S1コース」を1ヶ月半で離れました。理由は2つあります。 (1)当

TradosやWord上で自分の訳文を見直すとき

TradosやWord上で自分の作成した翻訳文を見直すときは、翻訳中に設定していたフォントサイズより

作業環境(2015/1/15現在)

ハードウェア 種別 名称 メモ PC 15インチMacBook Pro Retina(Late 20

おすすめのTrados Plugin (1)

Tradosのメモリには言語の方向性(ソース言語→ターゲット言語)が定義されています。このため、日英

no image
本年はありがとうございました。

今年の6月から特許翻訳者になるための準備を開始し(まずは環境面から)、7月に入ってから講座や書籍やネ